中国の時速600キロリニア、青島で公開

山東概要
山東省は中国東部、黄河の下流に位置し、渤海と黄海に接しており、天然資源と人が豊富で、中国東部の沿岸の経済大省、文化大省、人口の大省で、投資創業、観光安居に最適な省の一つです。済南市と青島市の2つの副省級市、14の地級市、137県(市、区)を管轄しています。
ニュース
  • 中国の五輪代表が続々日本入り 組織委の準備を評価

    1年延期となっていた第32回夏季オリンピックが23日に、東京で開幕する。中国からは五輪代表選手団がここ数日、スケジュール通りに続々東京入りしている。

  • 中国経済の半期報告 伝わってくるのはどんなシグナルか?

    広く注目を集めていた中国経済の半期報告がこのほど発表された。上半期の国内総生産(GDP)は比較可能な価格で計算すると前年同期比12.7%増、2年間の平均増加率5.3%増の53兆2167億元(1元は約16.9円)に上り、主要マクロ指標は合理的な範囲に収まった。

  • 中国の時速600キロリニア、青島で公開

    中国鉄道車両大手の中国中車(CRRC)は20日、山東省青島市で世界初の設計時速600キロのリニア交通システムを公開した。中国が完全に独自の知的財産権を持つという。 同社は、各システムの統合や調整を既に完了しており、5両編成列車の安定した走行を実現させた。各機能?性能も良好だという。

  • 短期滞在の外国人もデジタル人民元決済が可能に

    中国人民銀行(中央銀行)は16日に公式サイトで、「中国デジタル人民元の研究開発進展白書」を発表した。それによると、銀行口座を持たない人はデジタル人民元ウォレットを通じて基本的金融サービスを利用できる。そして、中国での日常的な決済ニーズに対応するために、中国に短期間滞在する海外居住者は中国国内の銀行口座を持たなくてもデジタル人民元ウォレットを開設できる。

  • 1~6月、延べ8800万超の観光客が新疆を訪問

     中国の新疆ウイグル自治区は、いま観光シーズンを迎えています。観光客は新疆の北から南までさまざまな果物を味わい、美しい風景を満喫し、地元の風俗習慣を体験することができます。

  • 経済半期報告書、中国の魅力を示す

     「穏健に回復」「高い柔軟性」「予想以上」――中国がこのほど発表した経済半期報告書は、海外メディア及び国際機関から広く注目?称賛されている。世界の視点に立つことで、この見どころ満載の成績表から透けて見える中国の魅力をより良く理解できる。

  • 中国選手団が成田空港に到着 コロナ対策とは

    中国卓球選手チームのキャプテンである馬龍が防護ゴーグルとN95マスクを着用し、荷物を運びながら成田空港の第1ターミナルを歩いた。ファンが2メートル離れた場所から(東京五輪は安全な距離を2メートルと規定)大声で名前を呼んだ。

  • 全国「1万の企業が1万の村を振興」行動スタート大会が開催

     全国規模の農村振興イベント「1万の企業が1万の村を振興(万企興万村)」行動のスタート大会が16日、山東省濰坊市で開催された。全国政治協商会議の副主席で中華全国工商業連合会の代表を務める高雲龍氏が出席して、スピーチを行った。

  • 中国全土でCO2排出量取引が開始

    中国で16日、全国レベルの二酸化炭素(CO2)排出量取引が始まった。取引開始式典が北京市と上海市、湖北省武漢市をオンラインで結ぶ形で行われた。

  • アルシャン国家森林公園の夏景色 内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区ヒンガン盟にあるアルシャン国家森林公園は真夏を迎え、生い茂る木々が大地を一面の緑に染めている。

  • 第31回青島国際ビール祭りが開幕 山東省青島市

    中国山東省青島市西海岸新区の「金沙灘啤酒(ビール)城」で16日、第31回青島国際ビール祭りが開幕した。

  • 美しく絵のような張掖世界地質公園

    夏を迎えた甘粛省張掖市の張掖世界地質公園で、美しい天然色が山の起伏に沿い、層をなし重なっていた。まるで絵画の中を歩いているようだ。

  • 中国世界遺産写真展が開幕

     第44回世界遺産委員会が16日に福建省福州市で開幕した。この日には中国写真家協会と中国共産党福建省委員会宣伝部が共同開催した中国世界遺産写真展も同時開催され、「世界遺産リスト」に登録された中国の世界遺産を世界に紹介した。

  • デジタル人民元のテスト使用場所が132万カ所超に=人民銀

    中国の中央銀行である中国人民銀行は16日、「中国デジタル人民元の研究開発進捗白書」を発表しました。これによりますと、2021年6月30日現在、デジタル人民元のテスト試用が行われている場はすでに132万カ所を超え、その中には生活関連費用の納付、飲食サービス、交通機関、ショッピング、政務サービスなどが含まれています。

  • 中国ロボット産業の規模が約1.7兆円に到達 2020年

    15日に北京で行われた2021年世界ロボット大会の記者会見で明らかにされたところによると、第13次五カ年計画以降、中国は整ったロボット産業体系を基本的に構築し、産業規模が急速に拡大して、ここ数年の複合年間成長率は15%を超え、2020年の産業規模は1千億元(約1兆6988億円)に達した。今年も好調な発展傾向が続き、上半期には工業用ロボットが前年同期比69.8%増となった。

  • 真夏の草原 馬が走る

    真夏になり、甘粛省甘南チベット族自治州瑪曲県の河曲馬場では繁殖?養殖した瑪曲馬が美しい草原を駆け回り、現地の美しい風景となっている。瑪曲馬の歴史は古く、内蒙古三河馬と新疆伊犁馬と合わせて中国3大名馬と称される。

  • ミニチュア陶器を作る若い職人

    今年25歳の陳帥さんは江西省景徳鎮市の陶芸職人である。伝統的な景徳鎮陶芸アート作品と異なり、陳帥さんは親指ほどの大きさのミニチュア陶器を制作している。

  • 中国で「ペット経済」 若者の間でスマートデバイスが必需品に

    中国でペットを飼う人が多くなるにつれ、飼育用のスマートデバイスがますます注目されています。

  • 臭豆腐のピザ?中国風でも洋風でもないファストフードメニュー

    コリアンダー、ピータン、豚の血と糯米を固めた「豚血糕」を、全部一緒に小麦粉の生地にのせたら、どんな味がするだろうか。ピザハットがこのほど台湾地区で打ち出した新メニュー「コリアンダー?ピータン?豚血糕」がネットで大きな議論を巻き起こしている。

  • 今年上半期の国内観光客数 23億人超

    中国旅游研究院がこのほど発表した報告書によりますと、今年の上半期、中国国内の観光客数が23億5500万人に上り、2019年の77%まで回復したということです。

  • 映画「中国医生」 観衆の涙誘う真実とディテール

    2020年初め、全ての人々は武漢の冬が去り、春が戻ることを祈った。一年後、我々はある映画によって、当時の都市の記憶を振り返っている。

  • 中国、2021年上半期の個人可処分所得は平均約30万円

    国家統計局は15日、今年上半期の中国経済データを発表した。それによると、同期には個人の収入が増加を続け、都市部と農村部の一人当たり可処分所得の開きが縮小した。全国の一人当たり可処分所得は前年同期比12.6%増(名目成長率)の1万7642元(1元は約17.0円、約30万円)に上り、このような数字になったのは主に比較の対象となる昨年上半期の基数が低かったためで、2年間の平均増加率は第1四半期(1-3月)比0.4ポイント上昇の7.4%だった。

  • 中国の世界自然遺産は14ヶ所で世界最多

    中国には現在、14ヶ所の世界自然遺産と4ヶ所の世界複合遺産(自然遺産と文化遺産)があり、いずれもその数が世界最多となっている。

  • 中国上半期5Gスマホ出荷量は1億2800万台 前年比100%以上増

    2021年上半期に、中国国内市場では5Gスマートフォンの出荷量が前年同期比100.9%増の1億2800万台に達した。

  • 青海省の扎西多卡瑪殿 彩色面積が世界最大の単体チベット仏教殿建築に認定

    今月13日、青海省黄南蔵(チベット)族自治州同仁市麻巴寺で新たに建設された扎西多卡瑪殿13日が正式に完成した。そして、世界記録認証機構(WRCA)によって、彩色面積が世界最大の単体チベット仏教殿建築、世界最大の木造単体チベット仏教殿建築に認定された。

  • 7割以上の「95後」が紅色観光に熱中 没入型の中国文化体験を好む

    「95後(1995年以降生まれ」の若者が「観光の新国潮(新しい観光トレンド)」をリードしている。データによると、76.92%の「95後」が紅色観光路線(レッドツーリズム、中国共産党革命ゆかりの地への旅)を好み、上海、西安、延安、長沙、井岡山などの観光スポットは紅色観光の最優先候補となっている。ただ写真を撮って思い出を残すのではなく、若者は中国文化を没入型体験をしたいという思いが強い。また、紅色観光スポットを訪れ、文化?クリエイティブ製品を購入することも「観光の新国潮」の重要な表れと言える。

  • 中国の貿易額、上半期は27?1%増 税関総署

    中国海関(税関)総署は13日、2021年上半期(1~6月)の貿易統計を発表した。上半期の貿易額は前年同期比27?1%増の18兆700億元(1元=約17円)で、20年6月から13カ月連続の増加となり、対外貿易の安定した成長傾向がさらに強まった。

  • スポーツに関する貴重な展示品約1200点を公開 上海体育博物館

    3年に及ぶ計画?建設期間を経て7月11日、上海体育博物館がオープンした。新設された同博物館は、「歴史の船」、「オリンピックの光」、「活力と都市」、「未来の窓」と名づけられた4つのメイン展示ホールで構成されており、展示品1200点以上とパネル500枚以上が展示されている。それらの展示品の背後には、上海のスポーツ関係者の精神的な旅路が凝縮されており、スポーツをめぐる味わい深い物語が示されている。中国新聞網が伝えた。(編集KM)

  • 世界PC市場が第2四半期にも成長 中国企業が売り上げ1位をキープ

     7月12日、データ研究機関のIDCが2021年第2四半期(4-6月)の世界PC(パーソナルコンピューター)市場の状況報告を発表した。それによると、PCサプライチェーンには今も部品不足などの問題はあるが、世界PC市場のニーズの急増傾向は同期にもまだ続いている。同期の世界PC出荷量は前年同期比13.2%増の8360万台に達した。同時に、ノートパソコンの増え続けるニーズが同期にはデスクトップパソコンに一部流れ込み、同期のデスクトップの増加率がノートを超えた。

  • 孔鉉佑駐日大使「日本と多様な五輪?スポーツ協力を」

    孔鉉佑駐日大使は12日、東京五輪?パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と会談した。在日本中国大使館ウェブサイトが伝えた。

山東を選ぼう 一覧
中国語教室 一覧

剧本杀 (jù běn shā) 密室逃脱(mì shì táo tuō)

剧本杀 (jù běn shā) 密室逃脱(mì shì táo tuō)

剧本杀 jù běn shā :マーダーミステリー 密室逃脱 mì shì táo tuō :脱出ゲーム(だっしゅつゲーム)

リンク集
亚博yabovip.88-亚博yabovip.88官网-亚博yabovip.88登录