首页 >観光

7割以上の「95後」が紅色観光に熱中 没入型の中国文化体験を好む

チャイナネット2021-07-15 10:45

 「95後(1995年以降生まれ」の若者が「観光の新国潮(新しい観光トレンド)」をリードしている。データによると、76.92%の「95後」が紅色観光路線(レッドツーリズム、中国共産党革命ゆかりの地への旅)を好み、上海、西安、延安、長沙、井岡山などの観光スポットは紅色観光の最優先候補となっている。ただ写真を撮って思い出を残すのではなく、若者は中国文化を没入型体験をしたいという思いが強い。また、紅色観光スポットを訪れ、文化?クリエイティブ製品を購入することも「観光の新国潮」の重要な表れと言える。

 歴史の知識を学びたい

 馬蜂窝旅遊サイトはこのほど、「2021観光新国潮ビッグデータ報告書」を発表した。報告書によると、今年6月以降、「紅色観光ルート」、「重慶紅色観光」、「井岡山紅色観光」などの検索率は高く、前月比でいずれも30%以上増加した。

 最近の若者は「紅色観光」をどう思っているのか。

 調査によると、66.1%が紅色観光を通して知らなかった歴史知識を学びたいと考えている。18.64%の人は中国共産党の百年の歴史を再び学ぶことで、努力と奮闘、祖国建設の原動力探し、中国と中国共産党に対する情熱をかき立てたいと考えている。また、76.92%の「95後」が紅色観光をする意欲があり、その割合はほかの年齢層を上回り、紅色観光の一番の愛好者になっている。

 若者はどのような紅色観光スポットを選ぶのか。

 井岡山風景名勝区、中国代表団上海駐在旧事務所(周公館)、中国侵略日本軍南京大虐殺遭難同胞紀念館(南京大虐殺記念館)、北大紅楼、上海四行倉庫抗戦記念館が特に人気がある。また、女性の観光客は革命体験の厳粛さと衝撃に着目し、男性の観光客は歴史の深さから勇気を吸収する傾向にある。

 ユーザーに行った調査によると、44.07%の若い観光客が「実際のシーンでの没入型体験が」を好んでいる。たとえば、『長征路を再び行く』という没入型体験は読書や映画鑑賞より生き生きとしていという。35.59%の若い観光客は細かい説明と歴史を好み、13.56%の若い観光客はVRやARなどの技術に興味を持っている。

 紅色観光スポットがオンラインで活発化

 中国の観光業の全面的発展に伴い、紅色観光はもはやイメージ上の伝統的な固定概念の観光体験ではなくなっている。ビッグデータと科学技術により、各観光スポットはオンラインで実力を発揮し、映画とテレビ、アニメーション、没入型の観光体験などの多様なコンテンツ形式を組み合わせて新しい活力を引き出している。

 文化?クリエイティブ製品も「新国潮」の一つに

 報告書によると、歴史博物館を必ず選ぶ若者は51.7%だった。50.6%の若者が芸術博物館のを好み、その他の総合博物館、民俗博物館、軍事博物館も比較的人気がある。

 そのほか、文化?クリエイティブ製品も紅色観光の重要な派生部分になっている。文化?クリエイティブ製品は一般的なの「土産物」とは全く異なる。ドラマ『覚醒年代』の流行により、「新青年」のエコバッグが若者のストーリスナップの必需品になった。そのほか、「考古ブラインドボックス」も若者の間で人気を集めている。「洛陽シャベル」を使い、土の中から青銅器、インゴット、銅の鑑賞品などを掘り出すこともできる。河南博物院は「考古ブラインドボックス」を発売した最初の文化観光機関で、絶えず革新し、陶磁器の修復体験は販売してすぐに売り切れた。

亚博yabovip.88-亚博yabovip.88官网-亚博yabovip.88登录